検索
  • 徳島県言語聴覚士会

間接法による吃音訓練法 オンライン研修会(基礎編)


間接法での吃音のとらえ方、理論を学びます。また、実際の臨床の進め方について、環境調整法とメンタルリハーサル法を解説します。これから間接法による吃音訓練を実施したい臨床家のための基礎講座 です。


〇日程:全 3 回 ※すべての日程にご参加いただける方にかぎらせていただきます。 ①2021 年 8 月 28 日(土)②2021 年 8 月 29 日(日)③2021 年 9 月 5 日(日)


〇開催形式:ZOOM によるオンライン開催

(リアルタイム配信のみ。zoom のチャット機能を利用した質疑応答も行います) ※オンライン配信に関する詳細は、振込の確認後、申込時に記載いただく E-mail アドレス宛に送信し ます。


〇対象資格:言語聴覚士

※当研修会の参加については、守秘義務を十分に理解していることが前提となりますので、言語聴覚 士として臨床活動を行っている方を対象とさせていただいております。


〇参加費:全 3 日間 10,000 円(事前支払い。振込先は申し込みいただいた後にご連絡します。)

※RASS 吃音研究会の HP 会員の方の再受講は 5000 円となります。申込専用フォームに会員である旨を 必ず明記してお申し込みください(申込時に申し出のなかった場合は割引ができませんのでご注意 ください)


〇申込方法:申込専用フォームよりお申し込みください。

所持資格、所属機関等の登録のほか、守秘義務に関する参加規約にご同意をいただきます。 ※申込専用フォームは、6月中にホームページ(www.rass.jp)内に掲載します。

間接法による吃音訓練法 オンライン研修会(基礎編)
.pdf
Download PDF • 228KB

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

高次脳機能障害の臨床

「高次脳機能障害の臨床」 講師:片桐 伯真 先生(聖隷三方原病院) 高次脳機能障害について、基礎知識、病期での支援の流れ、社会参加支援、家族支援について学びます。高次脳機能障害の臨床は、病態や障害像の理解をしつつその時に必要な支援を切れ目なく行っていくことが重要です。急性発症が多いこともあり、当事者や家族が混乱している時期から社会参加を実現していくまで、多くの職種からの支援や当事者同士のピアサポー