検索
  • 徳島県言語聴覚士会

COVID-19感染拡大に関連するアンケート(2021年再調査)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           【アンケート調査の依頼】    

日本言語聴覚士協会加入の皆様には届いていると思いますが協会員対象に

アンケートを実施していますので協会の会員の皆様はご協力よろしく

お願い致します。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━日 平素より本協会の事業にご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。 安全対策部では2020年5月に言語聴覚士の職務状況の把握、COVID-19 感染症対策に関する組織運営の現状把握を目的として会員を対象としたアンケート調査を実施しました。 結果につきましては協会HPにも掲載いたしました。その後、複数回の感染増大の波があり、調査からおよそ1年が経過しました。 ワクチン接種が開始されましたが、緊急事態宣言の発出が検討されているところ、まん延防止等重点措置が出されているところなどもあり、感染拡大の状況は地域によっても差があります。 そこで再調査を実施し、会員の皆様の臨床現場における現状や地域活動や研修活動などの情報を収集することにいたしました。結果はHPなどに公開いたします。 改めて、ご自身とご自身の臨床業務を振り返る機会としていただき、言語聴覚療法の対象者、言語聴覚士自身、関連スタッフ、そして職場(組織等)の感染対策の評価・分析につなげていただき、今後、研修や地域支援などを含めた活動全体を安全に行うための手がかりを得ていただくことができれば幸いです。 回答は統計的に処理され、回答者個人が特定されることはありません。現状について、率直にご回答ください。 ※回答期限は5月16日(日)までとなります。なお、回答は1回のみでお願いいたします。 アンケート(Googleフォーム):https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeMwFRbMUXDy0aepzSzq797fi1m4KOD0SkUR614MJiHI7pKyw/viewform?usp=sf_link 協会HPはこちら:https://www.japanslht.or.jp/article/article_1656.html お忙しい中と思いますが、どうぞ一人でも多くの会員の方にご協力いただければ幸いです。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「摂食嚥下訓練における姿勢調整-何を求めどう調整するか-」

摂食嚥下リハビリテーションでは、どのようなアプローチであっても姿勢調整が不可欠です。対象となる疾患や症状が多様化する中、その考え方やコツをつかめず試行錯誤する方も多いのではないかと思っております。講師の柴本勇先生には、豊富な臨床経験をもとに実演を交えながらご講演いただく予定です。是非ご参加頂けますと幸いです。 テーマ「摂食嚥下訓練における姿勢調整-何を求めどう調整するか-」 講師  柴本 勇先生(

土曜NHKドラマ「きよしこ」放映

思っていることを上手に話すことができない吃音の少年を描いたドラマ「きよしこ」重松清作が放映されます。 ひとりぼっちだった少年は、様々な人と出会うなか「伝えること」を諦めないおとなに成長していく…ドラマ『きよしこ』 放送はR3年3月20日(土) 総合 よる9時から10時13分(単発) ~あらすじ~ 小説家の白石清(安田顕)の元に「きつ音なんかに負けるなと息子を励ましてほしい」と手紙が届いた。白

オーラルフレイル予防事業講習会

日 時:令和3年3月24日(水)20:00~21:00(ライブ配信) テーマ:「オーラルフレイル予防からフレイル対策へ(仮題)」 講 師:日野出 大輔先生 徳島大学大学院医歯薬学研究部 口腔保健衛生学分野 対象者:歯科医師、歯科衛生士、介護施設職員等 申込み:http://forms.gle/5yvU53ENFDufjvFv8